• ホーム
  • ジフルカンの正しい使い方

ジフルカンの正しい使い方

考えている女性

ジフルカンは、水に溶けにくく不感症治療薬にも使われているフルコナゾールを主成分としています。
フルコナゾールは、真菌細胞膜の成分であるエルゴステロールの生合成を阻害し、細胞膜の変化を誘発し他の真菌細胞の膜機能を阻害する働きがある事から、深在性真菌治療薬としてカンジダ症やクリプトコッカス症、難治性真菌感染症などの患者に投与されています。造血幹細胞移植患者における深在性真菌症の予防薬としても使用されています。
又、同じ深在性真菌症治療薬としては、真菌性呼吸器感染症や黒色真菌症などの治療に使われているフルシトシンや内臓真菌症や深在性皮膚真菌症などの治療に使われているイトラコナゾール、侵襲性アスペルギルス症やクリプトコッカス髄膜炎などの治療に使われているボリコナゾールなどもあります。
ジフルカンの使用上の注意としては、小児自閉障害や精神遅延に伴う症状の治療に使われているピモジドや不整脈の治療に使われているキニジン硫酸塩水和物、睡眠導誘剤であるトリアゾムとの併用は、ジフルカンが代謝酵素と親和性を有しているので薬剤の代謝を阻害して、薬剤の血中濃度を高める可能性があります。
その他にも、脂質異常症の治療に使われているシンバスタチンや血圧降下薬であるアゼルニジピン、片頭痛の治療に使われているエルゴタミン酒石酸塩とジヒドロエルゴタミンメシル酸塩、勃起不全治療薬であるバルデナフィル塩酸水和物などの治療薬との併用は禁止されています。
ジフルカンを長期にわたり服用する際には、定期的な肝機能検査を受ける必要があります。
ジフルカンの副作用として、肝機能障害やスティーブジョンソン症候群、鬱血心不全が引き起こされる恐れがあります。弁膜症などの基礎心疾患や慢性閉塞性肺疾患、腎不全などを引き起こす恐れのある患者の服用に際しては、細心の注意が必要とされています。