• ホーム
  • ジフルカンは性病薬でもある

ジフルカンは性病薬でもある

笑顔のカップル

ジフルカンはアメリカに本拠地を置く世界的な製薬メーカーであるファイザー社が開発した医薬品であり、日本で医療用医薬品として入手できる正規品には、カプセルタイプやドライシロップタイプのものがあります。
こうした正規品のほかにも、ジフルカンと有効成分を同じくした後発の医薬品、いわゆるジェネリック医薬品が同業他社から多数製造・販売されています。
このジフルカンという医薬品は、もともとは深在性真菌症治療剤として開発されたもので、人体に感染する真菌(カビ)の増殖を防ぐというのが主要な目的となっています。
ジフルカンの得意分野として、カンジダという真菌の一種への感染が原因となって発症する腟カンジダ症などがあります。
この腟カンジダ症というのは、女性の腟内や外陰部にカンジダが繁殖するもので、臭いのあるおりものが増加したり、外陰部に膿をもつような発疹ができたり、赤く腫れたり、かゆみや痛みをともなうといった症状が特徴となっています。
ジフルカンのカプセルであれば、1カプセルあたりの有効成分が50ミリグラム、100ミリグラムの2つの種類がありますので、症状の深刻さにあわせてどちらかを1日1回服用するようにして、これを何日間か継続すれば、カンジダが体内から駆逐されるため、症状も改善するようになります。
ジフルカンはもともとそれほど副作用の強い医薬品ではありませんが、人によっては服用後に吐き気、食欲不振、下痢や腹痛といった症状がみられることもあります。
また、妊娠した女性や、心臓病、腎臓病、肝臓病の患者については、服用を避けるか、または効果と副作用のリスクを比較検討しながら、注意して服用する必要があるものとされています。